推しの子[64話]ネタバレ感想あらすじ考察!有馬かな覚醒!舞台の主役は私!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2021年12月2日発売のヤングジャンプ(53号)にて『推しの子』第64話が掲載されます!

ついに、キラキラ輝く自分の感性を解き放った有馬かな!

舞台上は彼女一色に染まっていき…。

今回は『推しの子』最新話64話のあらすじを紹介しつつ、ネタバレありきで感想をまとめていきます。

“無料で”推しの子掲載のヤングジャンプを読む/

他のネタバレ記事はコチラ

推しの子|前回のあらすじは?

63話で語られる有馬かなの生い立ち。

母親の笑顔のために考え立ち振る舞う子役は、主役である自分を諦めていき…。

推しの子[64話]の予想考察!どんな展開に??

では、『推しの子』64話の予想をしながらあれこれ考察していきますよ♪

63話でついに、抑えこんでいた本来の有馬かなが覚醒しましたね!!

目をキラキラ輝かせながら舞台で立ち振る舞う重曹ちゃんは、今まで見せたことのない表情でしたね。

この状況に影響を受けるであろう人物は、黒川あかねとアクアの二人でしょう!

あかねは、幼少期に有馬に憧れて芸能活動をスタートしています。

憧れていた当時を彷彿させる有馬の演技にこれまたドキドキしていましたよね♪

 

そして、有馬かなをその気にさせたのが誰であろうアクア本人。

普段は冷静沈着なアクアですが、星野アイとは少し違うものの舞台から観客を魅了する姿に、なにか感じるものがあるかもしれませんよね♪

まあ恋愛感情はそんなに簡単に抱かないでしょうが、あの事件から時間が止まっってしまった心の時計を動かすキッカケになるかもしれません。

 

あと、ワタシが気になってるのは、姫川の存在。

舞台稽古中ではほとんど焦点が当たらなかったのですが、何らかのキーパーソンになりそうだと思っています。

稽古中、有馬かなとの掛け合いでは、アドリブの応酬で周りの役者を圧倒していました。

姫川に関して、何事もなく舞台が終わるとは思えないんですよねぇ…。

 

そして、主軸でもあるアクアの感情演技の結果も気になりますね♪

五反田監督とは、どんな稽古を積んだのかもまだ明らかにされていませんが、舞台で成功を収めてくれることを祈るばかりです!!

 

ということで、64話の内容を見ていきましょう!

スポンサーリンク

推しの子[64話]あらすじ(ネタバレあり)


では、『推しの子』64話のあらすじをネタバレありでお伝えしていきます!

-編集中-

推しの子[64話]考察・感想


では、64話の考察と感想をまとめていきます!

-編集中-

65話は2021年12月9日発刊のヤングジャンプ54号に掲載予定です!

次回の推しの子

-乞うご期待-

 

そして、『推しの子』の単行本6巻が2021年11月19発売しました!

created by Rinker
¥693 (2021/12/01 23:17:52時点 Amazon調べ-詳細)

早くも発行部数は累計150万部を突破し人気がさらに上昇しています♪

また、『次に来るマンガ大賞2021年』ではコミックス部門第一位に輝きますます人気沸騰中!!

 

ほぼ毎話Twitterのトレンド入りもしていますし、ワタシとしては、もうアニメ化やら映画化やらがしそうな気が満点です(笑)

勝手にアニメ化した場合のキャストや声優陣について予想した記事も良ければぜひ♪

推しの子のアニメ化はいつ?声優キャストはどうなるか予想してみた!
ヤングジャンプで連載中の人気漫画『推しの子』のアニメ化はいつ頃になるのかを推察!そして、登場キャラのキャストとして演じる声優陣はどんなラインナップになるのかをTwitterの声から勝手に予想していきます♪

 

1巻を見返すといろいろな伏線が隠れていて、ところどころ繋がってきています!

特に各回の冒頭インタビューは見返す価値ありまくり!!

今後にも繋がってきそうなので、ぜひともチェックしましょう♪

単行本1巻〜5巻も公表発売中!!

created by Rinker
集英社
¥693 (2021/12/01 22:35:25時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥693 (2021/12/02 10:07:22時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥693 (2021/12/02 08:28:28時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥693 (2021/12/02 16:12:09時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ナマケモノをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ムービー&ライフエンタ

コメント