推しの子[35話]ネタバレ感想あらすじ考察!初ライブへの道!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2021年2月25日発売のヤングジャンプ(12号)にて『推しの子』第35話【責任感】が掲載されます!

今回は『推しの子』最新話35話のあらすじを紹介しつつ、ネタバレありきで感想をまとめていきます。

36話の予想もしていきますよ♪

“無料で”推しの子掲載のヤングジャンプを読む/

他のネタバレ記事はコチラ

推しの子の前回のあらすじは?

星野アイが変わったきっかけとなった人物とは?

そして、新生『B小町』のセンターには誰が立つ!?

推しの子[35話]の予想考察!どんな展開に??

さて、34話では嫌がっていたものの実は有馬かなの歌唱力が抜群に上手いということが発覚しました!

(ちなみに、ルビーとMEMちょは音痴。特にルビーはヤバメ…。)

 

有馬は、ストイックすぎる性格ゆえに歌が上手くても、今の自分のレベルには満足していなかったわけですね。

34話の最後で歌唱力の上手さは発覚したものの、センター自体は誰が務めるかはまだ決まっていません。

順当な流れで考えると、やはり有馬かながB小町のセンターを担うことになりそうですね!

 

また、ジャパンアイドルフェスを一ヶ月後に控えているので、35話では初ライブに向けての練習風景やもしかしたら新たなトラブルが巻き起こるのではないでしょうか?

すったもんだありながらも、『B小町』はMEMちょの加入と『今ガチ』の相乗効果で認知度は伸びつつある状況♪

ちょーっと順調過ぎる感じがするんですよねぇ。

単純にワタシが悲観的過ぎるだけだとは思いますが(笑)

 

もう少し先になりそうですが、ジャパンアイドルフェスではB小町に対して「誰コイツラ…?」的な雰囲気もあるでしょうし、ライバルとなるアイドルグループやそのファンから目の敵にされてしまう可能性もありそう。

 

そして、現状アクアの方がルビーよりも認知度はありそうですが、いつ二人が双子の兄妹であり、星野アイの子供であると発覚するのか…?!

この辺りにも注目していきたいですね♪

 

ということで、35話の内容を見ていきましょう!

推しの子[35話]あらすじ(ネタバレあり)

では、『推しの子』35話のあらすじをネタバレありでお伝えしていきます!

「というわけでジャパンアイドルフェスでセンターを務めるのは有馬かなちゃんです!」

とカメラ撮影しながら盛り上げるルビーとMEMちょ。

すかさず、とりあえずカメラ止めろやと有馬w

何度もセンターは嫌だと言っていたのにと拒否します。

 

ルビーとMEMちょとしては、チョロくて流されやすいから動画撮影中に既成事実を作ってしまえば断れないだろうと踏んでいたようですが、バレていたようです…。

ルビーは有馬の過去のPVを見て、『ピーマン体操』から有馬の歌唱力がアップしていたことを素直に告げます。

しかし、有馬としては全く売れなくて瞑想していた黒歴史だと一蹴。

その後も、説得を試みるルビーでしたが、有馬にはアイドルのセンターは何度頼まれてもやらないと断言してしまいます。

 

二人は素直に謝り、最後に私たちの曲を聞いてと良い歌い始めます…。

夜が明けると有馬かながセンターで踊り練習する姿が…!!(笑)

 

ヘタウマのMEMちょと音痴のルビーの歌唱力のヤバさを知り、センターをしぶしぶ引き受けてしまったのでした。

『確かにこれなら私がやるのが一番…でも本当にやりたくない

思っていることと逆の気持ちを言ってしまう自分に嫌気が指している様子。

 

そんな中、ミヤコがJIFへの追い込みに向けてサポートしてくれる子を見つけたといい、その場に呼び出します。

有馬は、アクアかと期待しますが入ってきたのは…ぴえヨン!!

実は、ぴえヨンは前職がプロダンサーでアイドルの振付師の仕事もしてたとのこと。

 

プロの目から見てのB小町の評価を伺うと、悪くはないけどマジのクオリティを求めるためには足りないものがあると言います。

それは、体力!!

走り込み後にセットリスト3本などバシバシと鍛えられていきます。

体力に磨きをかける傍ら、ルビーとMEMちょはダンスパフォーマンスについても積極的に語り合っています。

その様子を尻目に有馬は、どっからあの元気が出てくるのかと落ち込んだ様子。

 

ベランダで物思いにふけっていると、後ろからぴえヨンが声を掛けてきます。

「後悔してる?アイドルになった事。」

 

有馬は素直に、自分で決めたことなので後悔はしていないけど、向いてはいないと思っているという気持ちを吐露。

センターなんてもってのほかで、自分なんかが居るべきポジションじゃないと。

 

ぴえヨンは、有馬かなはスゴイと思うと告げますが、有馬としてはそうやって適当なことを言うことに嫌気が指していたのでした。

「なんにも知らないくせに…私の何を知ってるんですか?」

そう言いながらぴえヨンを見る目は、何度も周囲の期待を裏切ってしまった疲れや自分への怒りを感じます。

 

  • 毎朝の走り込みと発生を欠かさない努力家
  • 口の悪さがコンプレックス
  • 自分が評価されるより作品全体が評価される方が嬉しい
  • 実はピーマンが大嫌い

まさかのぴえヨンめっちゃ有馬の事見てました(笑)

 

そして、あっさりと心を開くちょろい重曹ちゃんこと有馬かな…。

「居たんだ。今の私にファン。」

一気に表情が明るくなります。

 

ピーマン嫌いを公言したことないのに気づいたことに驚く有馬かなですが、実はぴえヨンも同じくピーマン嫌いとのこと。

そのあとも、なんだかんだトークが盛り上がり有馬は思わず恋に落ちてしまいます。

「この人本当に好きになれそうな気がする。アクアなんかポイしてこっち好きになろっかなー…。」

 

ルビーとMEMちょはぴえヨンが忙しい中、毎日来てくれることに感謝します。

MEMちょは動画ではチェックしていたものの、実物に会ったのはB小町に加入してから。

「もっとガッチリしているイメージだったけど、意外と実物はスラッとしてるって言うかぁ…背格好なんてアクたんと同じじゃん。」

ルビーは

「あはは!お兄ちゃんがあんなアヒル声出してたら一生笑う!」

え?えー?!この展開はまさか…?!

推しの子[35話]考察・感想

 

この投稿をInstagramで見る

 

ray(@bbray157)がシェアした投稿


では、35話の考察と感想をまとめていきます!

やっぱり有馬かなは流されてセンターになりましたね(笑)

ただ、本人の意思としてはやりたくないという気持ちが強いんですね。

これは、過去の経験から子役として売れた後、鳴かず飛ばずを繰り返してきたからこそでしょう。

センターなんてプレッシャーがハンパないでしょうから、さらに重圧に苦しめられるのは間違いありませんよね。

 

そして、もう一つの気になるのが『ぴえヨン実はアクア説』!!

一瞬、アクアがぴえヨンをずっとやってきたのかと思いましたが、さすがに違うか。

MEMちょが言う通り(気づいてないけど)ですが、確かに22話に登場したぴえヨンとは体型が異なりますね。

35話ではずっと服着てますしね(笑)

 

ですので、アクアが機転を利かしてぴえヨンを演じてる可能性が高そうです!

というのも、ここ最近の有馬かなはツンデレを発揮していてアクアとの関係性は微妙。

まぁそれも、黒川あかねと『今ガチ』で付き合ったことへの嫉妬なんですけどね。

しかも、ホントはビジネスカップルだし。

 

そこで、ぴえヨンを演じて有馬かなのモチベーションをアップさせる策に出たのかなと。

でも、有馬の凄さを褒めている部分はアクアの本音なんだろうなぁと感じました。

 

ただ、勘違いした有馬の行く末はちょっと気になりますが(笑)

アナタはどう感じましたか?

推しの子[36話]の予想!

さて、36話はどのような展開になるのか予想していきますよ!

ぴえヨンの特訓もあってB小町のパフォーマンスは良くなりつつあります。

JIFまでもう少しというところで、もう一波乱あるかもしれませんね!

 

過去のB小町の曲目だけでパフォーマンスをする予定ですが、新しい楽曲はミヤコ社長が音楽関係者をあたっていると言っていました。

もしかしたら、新譜に関する物語が展開される可能性もあるかもしれませんね♪

 

36話は2021年3月4日発刊のヤングジャンプ14号に掲載予定です!

推しの子のアニメ化はいつ?声優キャストはどうなるか予想してみた!
ヤングジャンプで連載中の人気漫画『推しの子』のアニメ化はいつ頃になるのかを推察!そして、登場キャラのキャストとして演じる声優陣はどんなラインナップになるのかをTwitterの声から勝手に予想していきます♪

【推しの子】単行本3巻が発売!

『推しの子』の単行本3巻が2021年2月19日に発売されました!

created by Rinker
¥693 (2021/05/13 09:21:49時点 Amazon調べ-詳細)

1巻は、発売直後に重版が決定したほどの売れ行きだったそうですよ♪

Twitterのトレンド入りもしていましたし、ワタシとしては、もうアニメ化やら映画化やらがしそうな気が満点です(笑)

 

1巻を見返すといろいろな伏線が隠れていて、ところどころ繋がってきています!

特に各回の冒頭インタビューは見返す価値ありまくり!!

今後にも繋がってきそうなので、ぜひともチェックしましょう♪

単行本1巻・2巻も公表発売中!!

created by Rinker
集英社
¥693 (2021/05/13 07:48:57時点 Amazon調べ-詳細)

漫画【推しの子】連載のヤングジャンプをお得に読む方法!

『推しの子』を連載しているのは週刊ヤングジャンプです。

ヤングジャンプは、『キングダム』や『かぐや様は告らせたい』など人気漫画をたくさん連載中♪

お得に読むなら『U-NEXT』がおすすめ!

  • 31日間の無料トライアルに登録で最新作も楽しめる600円分のポイントをゲット!
  • 無料トライアルでもアニメ・映画など180,000以上の作品が見放題!
  • スマホ・テレビ・パソコンなど「マルチデバイス対応」でどこでも楽しめる♪
  • いつでも手軽に解約OK!無料トライアル中の解約ならもちろんタダ!

コチラの記事で詳しく解説しています。

【超簡単】U-NEXTの登録方法!無料トライアルに申し込む手順を解説!
『U-NEXT』は190,000本以上の作品を視聴できることで人気の動画配信サービス!今回は、『U-NEXT』の特徴をお伝えしながら、アカウント開設から動画配信までの流れを紹介していきます!10分もあればすぐに登録できるので安心して読み進めて下さいね♪

『U-NEXT』ならヤングジャンプ以外にもマガジンやサンデーも読めます!

「鬼滅の刃」や「キングダム」などの超人気アニメ作品も見放題!!

無料トライアル中に解約をしても料金は発生しないので、とても安全です。

“無料で”推しの子掲載のヤングジャンプを読む/

スポンサーリンク
推しの子漫画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ナマケモノをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ムービー&ライフエンタ

コメント