《家事ヤロウ》紅しょうがくるくる豚巻きレシピ!材料や作り方[2021年11月2日]

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2021年11月2日放送の『家事ヤロウ』で紹介された「紅しょうがくるくる豚巻き」のレシピや材料、作り方の詳細についてお伝えしていきます!

今回の家事ヤロウは、おうち時間の増えた今年の大ヒット商品“チューブ調味料”を使った超簡単レシピの紹介です!

あるといいけど、ちょっとしか使わない福神漬けや、バジル、アンチョビなど、ちょっとでいいものが使い切りサイズで買えるのが人気の秘密だそうです♪

薬味は、ほんのちょっとで味が変わり、お料理が美味しくなるので揃えたいところですが、少量で効果が抜群なので、無駄になってしまうことも多かったのですが、この使い切りサイズのチューブブームはお料理好きには嬉しい流れですね!

《家事ヤロウ》紅しょうがくるくる豚巻きのレシピ

今回ご紹介するレシピは、SNSでも話題のそんな進化系チューブ調味料の中から“きざみ紅しょうが風ペースト”を使った超簡単肉レシピです!

簡単に作れるランチメニューの代名詞の焼きそばや、手早く食べられる牛丼の上に少しだけあると美味しい紅しょうがですが、袋入りを買うほどでもなく、買わずに物足りなさを感じていましたが、このチューブさえあれば、いつもの料理にアクセントを加えられますよ♪

そんな紅しょうがを刻んでチューブにした“きざみ紅しょうが風ペースト”を使って、とっても食欲がそそられるジューシーな肉料理をご紹介していきますね!

材料

ではまず、材料を一覧でまとめていきますね。

  • 豚バラ肉:120g
  • きざみ紅しょうが風ペースト:1本
  • かつお節パック:2袋(5g)
  • 小麦粉:適量

作り方

では、『紅しょうがくるくる豚巻き』の作り方の詳細をレシピに沿ってお伝えしていきます。

簡単に食べられるお好み焼きのような雰囲気で、味付け要らずでとっても手軽です。

お肉を並べて、その上に紅しょうがのチューブを塗り、かつお節や小麦粉を振りかけ丸めて焼くだけなので、時間はないけど、しっかり食べたい在宅のお昼ごはんにもオススメのメニューですよ♪

早速、作り方の詳細を順番に紹介していきますね。

  1. 豚バラ肉120gを少し重ねながら並べていきます。
    豚バラ肉は幅が一定ではないので、左右を互い違いにしていくと隙間ができにくくて均一になりますよ。
  2. 並べた豚バラ肉の上に、きざみ紅しょうが風ペーストを1本分をのせてスプーンで満遍なく伸ばします。
    ジグザグを描くように広げると全体に手早く広げやすいですよ。
  3. かつお節のパックを2袋分全体に振りかけます。
    かつお節を均一に振りかけると仕上がりがきれいになりますよ♪
  4. かつお節の上から小麦粉を適量、満遍なく振りかけます。
  5. 豚バラ肉を端からクルクルと巻いていきます。
    小麦粉がのり代わりになり、巻いた時に豚バラ肉をくっつけてくれます。
  6. 中火のフライパンで豚肉の上下左右、全ての表面に焼き色をつけ焼いていく。
  7. 表面全体にカリッと焼き目がついたら、フタをして4分蒸し焼きにします。
    豚肉なので、中までしっかり火を通します。
  8. 焼き上がったら、まな板にのせ、包丁で食べやすい大きさにカットして完成です!
    串で刺すと焼き鳥のような雰囲気で食べやすいですよ♪
  • 紅しょうがについている塩味で十分なので、基本、味付けはしなくて大丈夫ですが、お好みで調整してくださいね!
  • 豚肉は、生焼けが心配なので、焼き上がったら断面をチェックして焼けているか確認してください。

焼き上がりは、かなりのボリュームに見えますが、中身が紅しょうがとかつお節の風味でパクパク食べられそうですよ♪

家事ヤロウ。のメンバーには、お酒のおつまみにもいいと好評でしたね。

ソースや、お醤油、マヨネーズなどお好みのものをほんの少しつけて味変させて食べてみるのも楽しそうですね!

紅しょうがくるくる豚巻きのレシピや作り方まとめ

薬味の調味料は種類が豊富で気になっていましたが、ここまで手軽で便利だとは思いませんでした!

チューブタイプなので、紅しょうがを無駄にすることもなく、しかも、刻む手間もなく、簡単に豚バラ肉を立派な一品にしてくれるレシピだったので、早速作ってみたいと思いました♪

小さいお子様も一緒に食べる場合は、紅しょうがを塗る箇所を少なめにして、マヨネーズやソースをつけて取り分けてあげてもいいかもしれませんね。

“チューブ調味料”を使った超簡単な絶品レシピ、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

『家事ヤロウ』の記事一覧

コメント