推しの子[16話]ネタバレ感想あらすじ考察!アクアに求められるチカラとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2020年9月3日発売のヤングジャンプ(40号)にて『推しの子』第16話【演技力】が掲載されます!

なかなか癖のある撮影状況だと説明を受けるアクア。

実際に撮影現場に足を踏み入れたアクアに待っていたのは…。

今回は『推しの子』16話【演技力】のあらすじを紹介しつつ、ネタバレありきで感想をまとめていきます。

17話の予想もしていきますよ♪

また、単行本2巻の発売日も決定したようですのでリンクを貼っておきます!

他のネタバレ記事はコチラ

\推しの子掲載のヤングジャンプを無料で読む/

推しの子の前回のあらすじは?

アクアがドラマに出演することを知ったルビーとミヤコは一緒に作品を見ますが、その状況に不安を覚えます。

有馬かなに状況をヒアリングするアクアでしたが…。

推しの子[16話]の予想考察!どんな展開に??

さて、16話はどのように話が進むのか楽しみですね!

15話の最後にアクアが思いついた「やりよう」なるものを、実践していきそうですよね♪

アクアには演技力はすでにある程度備わっている可能性が高いのは予想できます。

 

その理由としては、所々で披露しているためです。

特に12話では、地下アイドルにスカウトされたルビーを心配するあまり、現役のアイドルメンバーにスカウトの振りをして声をかけ、苺プロへ連れてきています。

推しの子[12話]ネタバレ感想あらすじ!アイドルへの道が開く!
2020年7月30日発売のヤングジャンプ(34号)にて『推しの子』第12話“三つ目の選択肢”が掲載されました!今回は『推しの子』12話【三つ目の選択肢】のあらすじを紹介しつつ、ネタバレありきで感想をまとめていきます。13話の予想もしていきますよ♪

スーツを着てメガネをかけ、年上の男性を装ったことでルックス的にはごまかすことができても、当然演技力がないとバレちゃいますからね。

 

無名同然のアクアがガチンコで演じることで、有馬かなが本気を出して演じてきそう!

でも、他の演技が下手な出演者がたくさんいる場面でそれをやってしまうと、際立ちすぎてしまって大根役者メンバーの所属事務所が怒ってしまうかもしれませんよね?

だからこそ、アクアと有馬かなと二人っきりのシーンとかで本気の演技にチャレンジするのではないでしょうか!

そうすることで業界から注目されるきっかけになり、芸能界の主要人物、さらにはアイを追い詰めた犯人と接触するチャンスも増えることが予想できます。

 

2話の冒頭のインタビューでは、アクアとルビーは共演するような内容になっていますし、11話の冒頭でも役者としてインタビューを受けているアクアの姿があります。

 

ですので、恐らく『今日は甘口で』での演技が評価されるきっかけになるのではないかなぁと予想します!

というわけで16話の内容についてもお伝えしていきますね!

推しの子[16話]あらすじ(ネタバレあり)

では、『推しの子』16話のあらすじをネタバレありでお伝えしていきます!

 

アクアも有馬かなと一緒に撮影現場に入ります。

その現場を押さえられたのはたったの1日。

予算の関係とは言え、過酷というよりは雑にすら思える現場の流れ。

 

そこに主演を務める鳴島メルトというイケメン俳優がやってきて、有馬に話しかけてきました。

頃合いを見て、有馬がアクアを紹介します。

 

丁寧に挨拶をするアクアでしたが、話している途中にも関わらず半分スルー。

アクアは雑な対応に苦言を呈しますが、有馬は向こうも若いからとフォローします。

トントン拍子に売れてる役者にはよくあることだと言いますが、事務所からちゃんとした指導を受けていないことも原因ではあるようです。

有馬は芸能界では挨拶は大切だとアクアに伝え、そこへ鏑木がやってきます。

ここでもアクアは丁寧に挨拶を済ませます。

 

ただ、アクアの中には母親の死のカギを持っているかもしれない人間への強い疑いがあり、なんとしてもDNA鑑定に使えそうな物証を回収することを心に決めます。

 

有馬曰く、鏑木は顔面至上主義。

モデル事務所との繋がりが強く『今日は甘口で』のキャスティングもほとんど彼が行ったとか。

 

そんな中、リハーサルがスタートします。

アクアの役柄は、ヒロインにつきまとうストーカー役。

皮肉にもアイを殺したストーカーとしての役を演じることに対して、少しやりきれない気持ちのアクア。

奇しくもあの男と同じ、黒いパーカーに身を包みながら演技をするのでした。

 

撮影中に雨が降ってきて、施設に雨漏りがあったこともあり一旦中断に。

有馬はアクアに普通に演技できていることを褒めますが、アクアとしては本意ではありません。

こんなの練習すれば誰にでも出来る演技であって、他の人の邪魔をしない程度に下手じゃないだけで自分に魅力はないと卑下します。

 

幼少期に監督の作品で演じたあの姿は、年齢と中身のギャップが引き起こした異質感であると自分で気づいており、高校生になったアクアは普通の役者に成り下がっていると思っていました。

 

『なんか凄い演技を求めてたなら悪いな…』

そう有馬に言うアクア。

『そんな事…。まぁちっとも期待してなかったと言えば嘘になるけど、じゅーぶんアクアの演技ずっと努力してきた人の演技って感じがして私は好き。』

そう言いながらアクアの演技に大して評価をしていきます。

有馬はアクアがどんなことに気を使っているかがわかるようでしたが、逆にそれは長年演技をしてきた人でない普通の人間にはわからないのかもしれないとも言います。

 

気を使わなくていいとアクアは言いますが、有馬としては主演級の仕事は十年ぶりの大仕事だったため気合が入っていたのでした。

有馬は子役時代に10秒で泣ける天才子役として一斉を風靡したものの、その後は鳴かず飛ばず。

仕事はもらえずネットではオワコン扱いでしたが、稽古だけは続けるという闇の時代を長く過ごしてきたのでした。

 

何度も『引退』が頭をよぎったものの、やっと実力が評価される時期が来た。

本当に今まで辛かったけど、続けてきて良かったと満面の笑みを浮かべながら話すのでした。

 

有馬がアクアがまだ演技を続けていると知って嬉しかったのは、演技力がどうのこうのではなく、同じ業界でもがいてる同志がいたことに感激していたのでした。

 

アクアは、鏑木の所有物をDNA鑑定に出すためにタバコの吸殻を手に入れようとします。

鏑木がスタッフとタバコを吸いながら打ち合わせをしている動向を伺いながら、そのタイミングを狙っていました。

 

撮影中断とスケジュールの状況をスタッフに確認する鏑木。

そのスタッフは、有馬が他のキャストをまとめていてくれるから問題ないと伝えます。

 

「かなちゃんねー。使い勝手ラクでいいよね。」

「誰にでもいい感じで尻尾振ってくれるから雑に据えとくには丁度いい。」

鏑木はタバコをふかしながらそう言い放ちます。

「有馬かなっていう名前はいちおー世間に浸透してるし、事務所抜けてフリーになってギャラも殆どタダ同然でネームバリューも使えるんだから得したよ。」

さらに、あくまでこのドラマは役者の宣材であって、演技力なんて求められてないのに、そこだけはわかってないとまで…。

そんな鏑木の言葉を黙って聴くアクア…。

 

『評価なんかされてねぇじゃん』

満面の笑みで語る有馬の姿を思い出すアクア。

 

世の中の理不尽さに改めて憤りを覚え、冷淡な表情で鏑木の吸い殻を手にするアクア。

 

「撮影再開しますー」

スタッフの声が現場に響きます。

 

「せっかくだから滅茶苦茶やって帰るか」

表情を一切変えないアクアですが、大きな憤りを心に秘めているのは明らかでした。

推しの子[16話]考察・感想

 

この投稿をInstagramで見る

 

ray(@bbray157)がシェアした投稿


では、16話の考察と感想をまとめていきます!

今回感じたのは、有馬かなの純粋な演技への気持ちと現実とのギャップでしょうか…。

有馬は、アクアと子役時代に共演をした後は、人気は低迷しとても苦労していました。

ですが、引退が頭をよぎりながらもなんとか演技を続けて来ました。

 

それが評価されたからこそ、今『今日は甘口で』に主演として出演していると自負していたのですが、鏑木は使い勝手がいいという理由だけで起用していました。

まさしく大人の事情というかビジネスに特化しているというか…。

 

現実世界でもこのようなことはありそうですよね。

純粋な気持ちを持っている若手と現実を受け入れろと残酷にも切り捨てる上司みたいな…。

特に芸能界とかビジネス面は非常に大きいでしょうし、アイドルや俳優はある意味で商品的でもあります。

でも、それ以前に人間なんですよね。

色んな側面があると思いますが、純粋な本人の努力が評価される世の中であってほしいとも思ってしまいます…。

 

でも、アクアが何かしら大きなことをやらかそうとしてるので、次回が楽しみですね♪

推しの子[17話]予想!

では、17話の予想をしていきますよ!

次回こそアクアが大きなことをやらかしてくれそうです!!

ワタシとしては16話の予想がそのまま17話にスライドしたようなイメージです(笑)

 

アクアとしては鏑木が、アイを追い込んだ犯人であっても関係なくても、めちゃくちゃにやってやるという気持ちは変わらないでしょう。

少なからずアクアは有馬の気持ちに共感しているはずなので、有馬を巻き込んで何かをするというよりは、独断的に何かを起こすのかなと感じます。

 

やっぱり演技で魅せるんじゃないでしょうか??

周囲の演者やスタッフを圧倒するくらいの演技!!

 

15話で役者や裏方のスタッフは作品に寄り添っていてだと有馬は言っていました。

主演のイケメン俳優ですら、本人的には一生懸命にやってるはず(笑)

だからこそ、現場全員を巻き込んでの『めちゃくちゃ』にできれば面白い展開になりそうですね♪

スカッとする展開に期待しましょう!!

 

次回は、2020年9月10日発刊のヤングジャンプ41号に掲載予定です!

単行本1巻公表発売中!!

【推しの子】単行本2巻の発売日が決定!

『推しの子』の単行本2巻の発売日が決まったようです!

発売日は2020年10月16日予定!

 

1巻は、発売直後に重版が決定したほどの売れ行きだったそうですよ♪

ワタシは、もうアニメ化やら映画化やらがしそうな気が満点です(笑)

 

1巻を見返すといろいろな伏線が隠れていて、ところどころ繋がってきています!

特に各回の冒頭インタビューは見返す価値ありまくり!!

今後にも繋がってきそうなので、ぜひともチェックしましょう♪

created by Rinker
集英社
¥693 (2020/09/25 23:43:31時点 Amazon調べ-詳細)

漫画【推しの子】連載のヤングジャンプをお得に読む方法!

『推しの子』を連載しているのは週刊ヤングジャンプです。

ヤングジャンプは、『キングダム』や『かぐや様は告らせたい』など人気漫画をたくさん連載中♪

お得に読むなら『U-NEXT』がおすすめ!

U-NEXT

  • 31日間の無料トライアルに登録で最新作も楽しめる600円分のポイントをゲット!
  • 無料トライアルでもアニメ・映画など180,000以上の作品が見放題!
  • スマホ・テレビ・パソコンなど「マルチデバイス対応」でどこでも楽しめる♪
  • いつでも手軽に解約OK!無料トライアル中の解約ならもちろんタダ!

『U-NEXT』ならヤングジャンプ以外にもマガジンやサンデーも読めます!

「鬼滅の刃」や「キングダム」などの超人気アニメ作品も見放題!!

無料トライアル中に解約をしても料金は発生しないので、とても安全です。

\スキマ時間を思いっきり楽しもう/

コメント