M1グランプリ2020!ルール変更の内容は?敗者復活戦/決勝は無観客?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『M-1グランプリ/エムワングランプリ』が2020年も無事に開催されることになりましたが、新型コロナウィルス感染拡大防止を配慮して大会ルールが変更される部分が出てくるようです。

ルールの変更内容によっては、芸人側もネタの種類も変えたりと戦略を練る必要がありそうですね。

ということで、今回は、『M1グランプリ』2020年で変更されるルール内容や、敗者復活戦や決勝戦が無観客開催の可能性まで調べていきます。

2020年7月26日更新

スポンサーリンク


\AmazonプライムビデオでM-1をイッキに見よう!/

M1グランプリ2020!ルール変更の内容まとめ!

出典:https://natalie.mu/owarai/news/385928

新型コロナウィルスの影響で開催が危ぶまれていましたが、開催が決定して安心した芸人やお笑いファンも多いことでしょう。

しかしながら、拡大防止措置として安全面を配慮し、いくつかのルール変更がされるようです。

変更内容によってはネタの内容や芸風に影響がでてしまいそうですよね。

発表されている情報を元に、どのようなルール変更がなされるのかお伝えしていきます。

M1グランプリ2020のルール変更①3回戦の取りやめ

まず『M1グランプリ』2019と2020で大きなルール変更として3回戦が取りやめとなります。

2019年大会までの決勝戦に向けての流れは以下のとおりです。

  • 1回戦(2分)
  • 2回戦(3分)
  • 3回戦(3分)
  • 準々決勝(4分)
  • 準決勝(4分)
  • 敗者復活戦(4分)
  • 決勝(4分)

※分数はネタの時間制限

敗者復活戦を除外して考えると、6回ネタ披露する機会がありました。

しかし、2020年大会では下記のように3回戦が開催されずに、2回戦を突破したら一気に準々決勝進出となります。

  • 1回戦(2分)
  • 2回戦(3分)
  • 準々決勝(4分)
  • 準決勝(4分)
  • 敗者復活戦(4分)
  • 決勝(4分)

※分数はネタの時間制限

もしかしたら、一回戦う必要がなくなったからラッキーに感じてしまう方もいるかもしれませんが、決してそんなことはありません!!

 

その理由をもう少し詳しくお伝えしますね。

準決勝に進出できるコンビは、決勝進出を逃しても敗者復活戦にてテレビ出演が約束されています。

しかも、敗者復活戦は従来どおりであれば生放送。

放送時間はあらかじめ決まっているので、準決勝に出場できる組数は2019年大会と大幅に変わるということはまずないでしょう。

 

そして、準々決勝のネタ時間は4分と2019年と変更はありません。

2019年の準々決勝の進出コンビは100組強です。

多少の配慮はあるかもしれませんが、準々決勝進出のコンビ数が2倍に増えるなんていうことはないでしょう。

つまり、1回戦・2回戦でめちゃくちゃ絞られるということです!!

ある意味、2019年大会までよりもシビアであると言えますよね。

 

また、通常であれば3回戦の関東会場は『ルミネtheよしもと』で開催されていました。

1回戦、2回戦の会場は基本100〜200名規模の会場ですが、『ルミネtheよしもと』は500名規模とかなり大きいです。

ということは、より多くのお客様に自分たちの存在を認知してもらえる大きなチャンスなんですよね。

そのため、芸人にとって M1グランプリで勝ち進み『ルミネtheよしもと』でネタを披露することを一つの目標としているコンビもいるようです。

 

しかし、2020年大会では3回戦が取りやめとなるので、ルミネの舞台を踏むコンビがいないということです。

そういった意味でも2020年大会は芸人にとって厳しい内容になりそうですね。

M1グランプリ2020のルール変更②過去の準決勝進出者は1回戦免除(シード)

続いて『M1グランプリ』2020年大会ルール変更の2点目をお伝えします。

それは、シード権適用条件の緩和です。

 

2019年大会までもシード権として1回戦免除で2回戦から登場する枠はありました。

その条件は、前年大会の準決勝進出者のみが対象でした。

しかし、2020年大会は違います。

『M-1グランプリ』過去大会にて準決勝進出者は1回戦が免除

このように過去大会で1度でも準決勝に進出したことがあるコンビは、1回戦免除となります。

 

理由については明らかになっていませんが、1回戦の出場者を減らすという意図があるのではないでしょうか?

やはり3回戦を取りやめることによって、1回戦・2回戦でかなり出場者数を絞るのは間違いなさそうです。

M1グランプリ2020のルール変更③1回戦は無観客コンテスト

そして、『M1グランプリ』2020年大会ルール変更の3点目!

1回戦は無観客コンテストとなります。

 

これは、拡大防止措置としてはもうどうしようもないのでしょうか…。

2020年の『R-1ぐらんぷり』決勝戦が無観客コンテストとなったことは、ご存じの方も多いでしょう。

結果に意義があるわけではありませんが、ネタの方向性を変更せざるを得ない芸人もいたでしょう。

ライブ開催のお笑いは、観客の反応が芸人にとって大切になります。

観客の反応が採点や評価に繋がるでしょうし、芸人はもちろん、審査する側の人間もジャッジが難しそうですよね。

 

その他、アクリルボードがあるかどうかなど正式なルールは公式サイトにて7月22日発表予定です。

詳細が分かり次第、追記しますね。

M1グランプリ2020!1回戦のルールが決定!

『M-1グランプリ』2020年の1回戦のルールが決定しました!

早速、チェックしていきましょう!

  • 客席は無観客とし、審査員とスタッフ数名のみ着席させて頂きます。
  • センターマイクは組ごとに消毒いたします。
  • ネタ前後の手洗い・消毒を徹底することを条件に、ネタ実演においては原則通常通りの距離感で行うこととします。(演者間の遮蔽板やフェイスガード、マスク等はネタ実演時に限り不要とします)
  • 出演者の希望がある場合は、会場にて遮蔽板の設置やフェイスガード等の貸出を行います。過度に飛沫がとぶ行為や、過剰な接触を含むネタをする場合は、遮蔽板やフェイスガード等の安全対策を行った上での実演をお願いします。

出典:https://www.m-1gp.com/info/covid19.html

大きなポイントは2箇所であると考えられます。

 

まず、無観客での開催であることはすでに告知されていました。

2019年までは、劇場などでお客の反応を見ながらネタを磨き上げてきたコンビも多いでしょう。

そのため、出場者のネタのチョイスとしては難しいものになりそうです。

一部の劇場はお客様を入れての営業をしていますが、通常通りの営業とは程遠くなかなか見極めるのも難しいのではないでしょうか?

 

そして、二つ目のポイントは、漫才のスタイルです。

通常通りのスタイルで漫才を披露できることは芸人としては嬉しいでしょうね。

最近ではお笑い芸人の登竜門の一つでもある『ABCお笑いグランプリ』2020年大会でも、ネタの時間のみ通常通りの距離感でネタを披露するスタイルで開催されました。

 

もちろん感染拡大の状況によってはルールは変更になる可能性もあります。

そうならないことを祈ってまずは一回戦に挑んでいただきたいですね!

 

二回戦以降については改めて運営から通達があるようですので、また情報が入り次第追ってお伝えしていきます!

M1グランプリ2020!敗者復活戦や決勝戦も無観客なの?

さて、こうなると気になるのが、敗者復活戦や決勝戦も無観客コンテストなのかどうかですよね。

2020年7月10日現在、まだ2回戦以降に観客を動員するかどうかは発表されていません。

おそらく、運営側も今現在の政府や行政の方針を伺い、慎重に審議しながら判断していくのではないかと考えられます。

個人的にはやはり観客の笑いがあっての『M1グランプリ』だと思いますが、こればっかりは勝手な判断はできませんよね。

 

それまでに自体が少しでも収束していることを願いましょう。

M1グランプリを無料視聴する方法!


さて、2020年の『M1グランプリ』のルールなどについてお伝えしてきましたが、過去の決勝戦をもう一度見たい方もいらっしゃるのではないでしょうか?

でも、せっかく見るのであればお得に視聴できる方がいいですよね!

 

『M-1グランプリ』の過去の決勝戦は現在アマゾンプライムビデオにて公開中です!

決勝戦だけでなく「敗者復活戦」大会の裏側を知れる密着映像「M-1アナザーストーリー」も視聴できます!

Amazonプライム・ビデオは通常月額500円(税込)or年会費4,900円(税込)ですが、

初回の30日間は無料トライアルOK!

期間内であればいつでも解約ができるので、一気に視聴してしまうのもいいですね♪

 

また、Amazonは、プライム会員になればお得な特典がたくさん!!

Amazonプライム会員14の特典
  • 配送料が無料になる
  • お急ぎ便や日時指定が無料になる
  • Primeビデオで映画やドラマが見放題
  • Prime Musicで音楽が聴き放題
  • Prime Readingで無料で本を読める
  • Primeラジオが聴ける
  • Kindleが4000円引きで買える
  • Kindle本が月1冊無料
  • プライムデー(割引セール)に参加できる
  • プライムナウ(商品が1時間で届くサービス)が使える※地域限定
  • プライムフォトで写真が保存できる
  • Amazonフレッシュで生鮮食品が購入できる
  • ベビー用品やペット用品が割引購入できる※Amazonファミリー登録必須
  • プライムワードローブが利用できる

これだけの特典を受けられて、月額500円であればかなりお得ではないでしょうか?

気になった方は、チェックしてみてくださいね♪

created by Rinker
¥4,073 (2020/10/29 00:47:34時点 Amazon調べ-詳細)

コメント