《家事ヤロウ》天達・小倉智昭の餃子オムレツレシピ!材料や作り方[2021年6月22日]

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2021年6月22日放送の『家事ヤロウ』で紹介された「餃子オムレツ」のレシピや材料、作り方の詳細についてお伝えしていきます!

『餃子オムレツ』というネーネングから、単純にオムレツのなかに餃子が入っているものと、勝手にイメーシしてしまいましたが……

完成した『餃子オムレツ』は、空腹でなくても喉から手が、イエ、舌が出そうな出来でした。

スポンサーリンク

《家事ヤロウ》餃子オムレツのレシピ

「あまたつ〜!」高音の響きが懐かしい呼び声に呼応して現れたのは、気象予報士の天達武史さん。

声の主は当然フリーアナウンサーの小倉智昭さんです。

「人生をいい方向に変えてくれた恩人です」と、小倉さんをのことを語る天達さん。

ぜひ食べて欲しいと、しっかり研いできたマイ包丁持参で、ご自慢の腕を振るいます。

材料

ではまず、材料を一覧でまとめていきますね。

  • 卵:2個
  • 白だし:適量
  • ニラ:適量
  • バター:適量
  • 玉ねぎ:1/2個
  • 豚ひき肉:50g
  • ごま油:適量
  • 塩・コショウ:適量
  • コンソメ:適量
  • ニンニク:小さじ1
  • 砂糖:小さじ1
  • みそ:小さじ1
  • はちみつ:小さじ1
  • 料理酒:適量
  • ニラ:1/4束
  • ご飯:50g
  • ラー油:適量

作り方

では、『餃子オムレツ』の作り方の詳細をレシピに沿ってお伝えしていきます。

穏やかな印象の天達さんが持つ、隠された料理の才能に驚きました。

餃子の皮をオムレツに変えるという発想、味噌がミソという隠し味もおもしろいですね。

ゆっくり作っても20分もかからない、餃子の餡がサプライズの変わりオムレツです!

早速、作り方の詳細を順番に紹介していきますね。

  1. 玉ねばをみじん切りにし、ごま油を引いたフライパンで炒める。
    玉ねぎは先に炒めると甘味が出る。
  2.  豚ひき肉に塩、コショー、コンソメ、ニンニク、砂糖、味噌、ハチミツを混ぜてよく練る。
    ひき肉はしっかり下味をつけることで旨味が増す。
  3. 炒めた玉ねぎとひき肉を混ぜ合わせ、フライパンにごま油をひいて炒め、料理酒、ご飯、ラー油を加えれば、餃子の餡完成。
    ご飯を入れることで食べ応えアップ。
  4. 溶いた卵に白だしを入れて、ゴムベラで切るように卵を混ぜ、細かく刻んだニラを入れて、バターを溶かしたフライパンに流しこみます。
    卵に白だしを入れることで味がまろやかになる。
  5. 卵に熱が通って、周りが白っぽくなったらひっくり返し、餃子の餡を乗せて包みます。
  6. 大きめのお皿を用意して、あれば生野菜などともに盛り付ければ完成。
    全体が黄色一色なのでパクチーやケチャップなどで飾ると色鮮やかになります。
  • 小さなお子さんがいるご家庭など、ラー油の量は加減しましょう。
  • フライ返しが難しい場合、お皿を用意して、いったんオムレツを逆さに取り出してから、フライパンに戻すと簡単にできます。

「餃子オムレツ?!」

餃子はそのままの方がうまいんじゃない❔」と言っていた小倉さん。

でも、ひと口食べたあとの第一声は

「うん、うん、うまい、お店に出せる」と大絶賛していました。

天達さんは、レストランでのアルバイト時代に担当していた食材発注が気象予報士になろうと思ったきっかけだとか。

大先輩であり恩人の小倉さんと,緊張美味の天達さんがサシ飲みキッチンで交わす会話も興味深々!

スポンサーリンク

餃子オムレツのレシピや作り方まとめ

オムレツはきっと誰もが好きなメニューです。

お子さんから大人まで楽しめるうえに、餃子の味とコラボする意外性は家庭の味の定番にうってつけ。

ちょっと手抜きをしたければ、スーパーで買った餃子の餡を代用してもいいでしょう。

忙しい方のための時短調理として、前の晩に餡を作っておくことも可能な優れレシピですね♪

『家事ヤロウ』の記事一覧

コメント